大阪の焼鳥 [ KIKAN-TARO〜キカンタロー ] 宮崎地鶏を炭火焼で。宴会ご予約承り中!

宮崎地頭鶏〜じとっこ〜

宮崎地頭鶏とは

宮崎県および鹿児島県の旧島津領地で古くから飼育されていた日本在来種で、羽色は白色や黒色など5種類がおり、体重は雄3.0kg、雌2.5kg前後です。 また、種の保存のため昭和18年に文部省から『天然記念物』に指定されています。 特徴は肉が美味しく、地鶏として産卵率も優れています。
脚は短脚(3〜4cm)ですが、これら同士のを交配しても3分の1は普通脚ができます。
普通脚の鶏は発育が良いことから県畜産会試験場川南支場では、普通脚を改良増殖して、みやざき地頭鶏の原種鶏として利用しています。

幻の地鶏といわれる所以『月間生産量は限定500羽』

飼育期間は、約5カ月と通常のブロイラーに比べ3倍の期間をかけます。
『月間生産量が500羽』しかないことや自然飼育をしているので『幻の地鶏』とも言われています。
また、餌は抗生物質や成長ホルモン等は一切与えなく、大麦などの無農薬野菜を3割程度配合したものをつかいます。

他では味わえない、『独特の旨味』

肉のやわらかさに加え、適度に歯ごたえやコクがあり食味性に優れています。
肉汁が、ジュワーっと口の中全体に広がる感覚。

こだわり、『仕入れた鶏はその日のうちに』

地元宮崎出身の店主が開拓した独自の仕入れルートで。生産者が『朝引きしたものを毎日仕入れ』ております。
仕入れた鶏はその日に使い切るから、刺身はもちろん新鮮そのもの。売り切れの際はご容赦下さい。

旨味を最大限に引き出す『こだわりの炭』

こだわりの炭を。
炭火の遠赤外線効果で旨みをとじ込め、香ばしさを演出します。

宮崎地頭鶏を食べれるのはこちら